アメジスト香港 スタッフブログ

巷ではお目にかかれない高配当海外投資商品をご紹介。 投資関連情報やお得なプレゼント情報なども発信中!!

タイに行きタイっ!!懐かしのカオソーイを味わえるKin Kao(食飯)・湾仔


━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

◆【先着1,000名様限定】BXONE口座開設で5,000円プレゼント
オンラインウォレット「BXONE」の新規で口座を開設した先着1000名様に、もれなく5,000円をプレゼント!!
詳しい条件などはこちらのキャンペーンページをご覧下さい。

 〇BXONE口座開設で5,000円キャンペーンページ
  https://www.bxone.trade/campaign/5000present/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・


■タイに行きタイっ!!懐かしのカオソーイを味わえるKin Kao(食飯)・湾仔


カオルーンサイドから香港サイドへ、または香港サイドからカオルーンサイドへという移動がとっても億劫になりがちなのは香港在住者あるあるですよね(笑
旅行者の方にとってはあの海(ビクトリアハーバー)を越えて移動する事も旅の楽しみになるのですが、在住者にとっては日常のあらゆることはなるべく居住地の近くで済ませてしまいたいと思ってしまう独特のクセがあると勝手に思い込んでいます。


ということで、ひょんなことから香港サイドはコーズウェイベイ(銅鑼湾)に珍しく用事があったのではるばる海を渡って香港島へ行く事になったので、「こ、これはめったに無いチャンス到来だっ!!」と思わずウキウキしてしまったのです。

そのチャンスとは、、、「飲食店の新規開拓」「インスタ用の写真撮影」ですっ!!


はい、ここでちょっとだけ宣伝です(笑)
弊社アメジスト香港のインスタグラム、見て頂いてますかー?
まだ見たことないよー!って方は、今すぐこちらからアクセスして「フォロー&いいね!」してくださいね!!(これを見た人は必ずしてください!約束ですっ!!)

〇アメジスト香港インスタグラム
➡ https://bit.ly/3DMK63A

AmethystHK-Instagram



さて、コーズウェイベイ(銅鑼湾)で用事を終えてから、とりあえず湾仔方面へテクテクと写真撮影しながら歩きまわり、気が付けば1万5,000歩ほど歩いたところでようやくお腹が空いた事に気が付きます。


あ、なんか食べなきゃ(死ぬ)


というわけで歩きながらスマホでOpenRice(日本のぐるなびみたいなもの)を開いてお店を検索していると、何となく辛い物が食べたくなってきましたのでタイ料理に的を絞って検索をかけると・・・



ありました。

おいしそうなタイ料理屋さん。


しかも・・・大好物の「カオソーイ」があるじゃないですか!!!



ってことで、さくっと場所を決めてそそくさとお店に向かいます。
歩く事5分ほどでお店に到着。

お店の名前は「Kin Kao」、これはタイ語で「ご飯を食べる」という意味ですが、香港にあるので一応広東語の名前も付けているようで「食飯」と書き添えてありました。そのままですね(笑)


外見はこざっぱりしてて、なんだかシンプルはかわいらしさがあります。


HongKong_2021Nov-111111




お店の中は20席ちょっとぐらいでしょうか、30人も入ると目いっぱいな感じなのでお昼時とかだと座れないなんてこともあるかも知れませんが、少し遅い時間に行ったのでこの時の客入りは半分ぐらいでした。

HongKong_2021Nov-53



テーブルにはタイ好きにはお馴染みの調味料入れがおいてあったり、タイ語が書かれたメニューがあったりと、色々とタイを感じさせてくれます。

HongKong_2021Nov-51



店員さんもタイ人の方が多く、うろ覚えのタイ語で注文しても通じました。(あまりに普通にタイ語で「分かりました」と返されたので、それはそれでびっくり)



今回の目的は、「カオソーイ」「ソムタム」を食べる事。

ソムタムは良く聞く料理で「パパイヤサラダ」と言い換えれば分かる方もきっと多いはず。
一方、カオソーイはほんの少しマニアックかも。
カオソーイは麺料理なのですが、カレー風味のスープにココナッツミルクが加えてあって、卵麵を入れて食べるスタイルが定番です。
特にチェンマイなどのタイ北部からラオスのルアンパバーンにかけて良く食べられる麺料理で、逆にタイ南部だとあまり見かけかったりします。

で、これがこのお店のカオソーイ(78HKD)


HongKong_2021Nov-56



 カオソーイ再現度: Excellent!!
 スープのカレー感: Excellent!!
 具材としてのチキンドラム:  Excellent!!


見た目はもちろん、一口食べた時の感覚がチェンマイで食べたカオソーイそのまま!!これは再現度高いですっ!!
そしてしっかりココナツミルクの味がするのでマイルドになっていますが、しっかり香るカレー風味が食欲をそそります。
具材として麺に紛れてチキンドラムが一本入っていますが、これがしっかり煮込まれていてお箸でつつくだけでホロホロと崩れていく柔らかさ。
これはリピート確定の味です!!
ただし、個人的には辛さが物足りなかったので、テーブルの上に置いてあった唐辛子をスプーン2杯追加しておきました(笑)


こっちはソムタムタイ(60HKD)

HongKong_2021Nov-57



 ソムタム再現度: Excellent!!
 パパイヤのシャキシャキ感: Good!!
 ビールとの相性:  Excellent!!


ソムタムの中でも定番中の定番で蟹とか魚とか入ってないシンプルなソムタムです。
もうビール片手にガンガン食べられる安心の味、タイの味そのままです。
パパイヤサラダ好きにはぜひ試してもらいたいシャキシャキしたパパイヤの食感が食欲を増進させます。
ただし、こちらも個人的に辛さが物足りなかったので唐辛子をスプーン3杯追加・・・・

※香港のタイ料理屋さんは基本的に香港人の味覚に合わせた甘めの味付けなので、香港のタイ料理屋さんで辛さを克服できたと油断して本場タイで食べると口から火を噴きます(笑)


基本的なタイ料理は一通り食べられますし、湾仔の駅から遠くないのもうれしいかも。


一点だけ注意すべきは、「お支払いは現金のみ」という点。
クレジットカードとかオクトパスでは払えないのでご注意を!!


ということで、タイ料理好きさんにはおススメのKin Kao(食飯)さんでした!!


〇Kin Kao(食飯)
・住所(湾仔駅B2 出口から徒歩4分)
 灣仔大王東街3號大旺樓地舖
 G/F, Tai Wong Building, 3 Tai Wong Street East, Wan Chai

・営業時間
 12時~22時

・地図
WS000129




【The Mussels】ムール貝専門店が尖沙咀K11 MUSEAにオープン



━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

◆【先着1,000名様限定】BXONE口座開設で5,000円プレゼント
オンラインウォレット「BXONE」の新規で口座を開設した先着1000名様に、もれなく5,000円をプレゼント!!
詳しい条件などはこちらのキャンペーンページをご覧下さい。

 〇BXONE口座開設で5,000円キャンペーンページ
  https://www.bxone.trade/campaign/5000present/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・


■【The Mussels】ムール貝専門店が尖沙咀K11 MUSEAにオープン

尖沙咀でその存在がすっかり定番となってしまったVictoria Dockside、その中にあるK11 MUSEAに、ムール貝料理をメインに提供する「The Mussels」がオープンしました。
昨日11月18日にグランドオープニングイベントがあるとご招待頂いたので、そそくさとK11 MUSEAまで徒歩で移動・・・


K11 MUSEAの北側の入り口から入ると、地上階のすこーし奥まったところにある印象ですが、聞けば元はアパレルのお店だったとか。
香港在住歴が長い方には、「元インターコンチネンタルホテルのアベニューオブスターズ(星光大道)と繋がってるところ」という説明の方が分かりやすいかも知れませんね。

WS000126

about2




Google mapsで見ると位置がずれているので注意が必要です(笑)


地図





さて、肝心のお料理の方ですが、この日はグランドオープニングイベントという事で招待客に料理が振舞われました(なので、お値段は分かりません!すいません!)

最初に出てきたのは、ピンチョスのようなブルスケッタのような・・・
メニューを見ていないのので、もう何が登場するのか分からないミステリーツアー状態でのスタートです。


THE Mussels-01



手前に見えてるのはアボカドとマグロのカルパッチョにあっさりマヨネーズとワサビソースを添えたような一品。
そこから時計回りに
 ・マッシュルームソース
 ・明太子
 ・サクサクイベリコハム
な気がします!(おいっ!)


その前菜を食べ終えたころに、小ぶりのココット鍋が目の前に運ばれてきました。
そして、店員さんが目の前でふたを開けてくれます。


THE Mussels-04



すると、お店の看板メニューであるMussels(ムール貝)が登場!!
こちらはトマトベースのソースのようです。
小ぶりなムール貝がぎっしり詰まってておいしそうです!!


THE Mussels-05




そして続けて2つ目のココット鍋が登場。

あれ?お代わり?と思ったら、どうやら味が違うようですよ!
こちらはなんと、柚子胡椒


THE Mussels-07



オーナー曰く、「スタッフが試作で作ってみたらおいしくて、メニューに載せちゃいました!」とのことですが、クリーム系や洋風だしのスープが定番のムール貝にまさかのあっさり和風テイストがこんなに合うとはっ!!

食べてみて、まさかのうれしい誤算です。
よりさっぱり系がお好きな方や暑い日には添えてあるライムを絞って酸味を強くしながら、白ワインやカヴァなんかと合わせるとおいしいかもしれませんよ!(柚子胡椒なんですけどね。)
個人的には、ココット鍋の中でムール貝を殻から外して、スプーンでスープと一緒にすくって口に運ぶのがお勧めな食べ方です。
このスープを味合わないともったいないので、忘れないでくださいねっ!



そしてそして、止めどなく注がれるカヴァを飲み続けていると、なんとここで明太子パスター!!
なんだか懐かしくもうれしい味。


THE Mussels-09



そして、シンプルにおいしい(涙)
ポーションはそんなに大きくないので、ムール貝とパスタを一人で食べても大丈夫なボリュームです。



しかし、まだ終わらないっ!!
パスタが無くなったころに、そっとカウンターに置かれたのは食の王様「ビーフステーキ」。
付け合わせはフレンチフライとほうれん草のソテーです。


THE Mussels-11



あっ、書き忘れてましたが、ムール貝と一緒にフレンチフライが付いてきました。
そして、このフレンチフライがサクサクホクホクでおいしい・・・ダイエット中の身には毒にしか見えないのですが、思わず「い、一本だけ・・・いや、もう一本・・・( ゚Д゚)」と手が伸びてしまいました。(帰宅後、ちゃんと運動して消化)


で、このステーキなんですが、赤身肉です。
私は基本肉食系なので、肉にはうるさいです(どうでもいい)。

 焼き加減: Excellent!!
 柔らかさ: Excellent!!
 肉の味:  Excellent!!


お値段分かりませんが、とにかくおいしいので見た目のボリューム圧倒されながらも簡単に完食しちゃえるお味です。
日本のA5和牛のようにサシがたっぷり入ったお肉がお好きな方には物足りないかも知れませんが、赤身肉好きには本当にお勧め!
肉好きの方はともかく、普通の女性はたぶん食べきれないボリュームなので注文するときはシェア前提で注文するといいかも。


というわけで、これから仕事終わりにふらっと立ち寄って窓越しに海を眺めながら白ワインやカヴァを開けて過ごせる、お気に入りのお店になりそうです。

ちなみに、オリジナルのお皿もシンプルなデザインで素敵ですよ。


THE Mussels-03



〇お店詳細【The Mussels】
住所: Shop No.034, MUSE EDITION, Level 0, K11 MUSEA, 18 Slisbury Rd., TST, HK
電話番号: +852 2686 1839
WEB: http://themussels-hk.com/


THE-Mussels-14


ーーーーーー
アメジスト香港に海外投資のご相談をご希望の方は、こちらからどうぞ!!

お問い合わせバナーループ



---

【アメジスト香港からのお願い】
弊社各種SNS経由で情報を発信をさせて頂いておりますので、こちらのリンク集をブックマークしておいてください!!

〇アメジスト香港リンク集
⇒ https://shoppl.jp/u/amethysthk




Youtubeセミナー情報

★Youtubeセミナー情報★

【今度は日本株!】内田衛の「買った方が良い銘柄・ダメな銘柄」
<11月25日(木)20時~>
【今度は日本株!】内田衛の「買った方が良い銘柄・ダメな銘柄」

プレゼントも盛りだくさん!!

投資相談窓口
アメジスト香港へ問い合わせ
LINE@友達登録はこちら
LINE@友達登録はこちら
記事検索
おすすめサイト
  • ライブドアブログ