★★…………………………………★★



ブログの更新もツイッターでお知らせしています。
皆様のご登録をお待ちしております!!


★★…………………………………★★


海外へお出かけの前に、その国の規制品を確認してトラブルを防ぎたいものです。

香港は規制がかなり緩いと言われていますが、それでも規制品はあります。

また、日本へ持ち込みができないものにも気を付けましょう。


<香港の持ち込み制限>

「お酒」と「タバコ」は香港に持ち込む数量に制限があります。



制限を超えて持ち込む場合は、赤いレーン「課税対象用通路(Red Channel)」へ進み手続きをしましょう。

緑の免税レーンで見つかると、罰金+税金5倍です。

「お酒」
champagne-2504655_960_720



・アルコール度数30%以下は免税。

・アルコール度数30%を超すものは、1リットルまでは免税。

免税範囲を超えたアルコール度数30%のお酒を持ち込む場合の税率は100%
つまり、1万円のお酒は、1万円税金を支払えば持ち込めます。

ご参考までに、
日本酒のアルコール度数は15%前後
焼酎は25%程度
ワインは15%程度

気を付けたいのは、ウイスキーや、ウォッカですね。


「タバコ」


cigarette

規制の緩い香港で、たばこに限ってはかなり制限がきついのでご注意を。

・紙タバコ19本まで/葉巻1本まで/総量25グラムまで免税
紙タバコは20本目から1本につき1.906香港ドル(約27円)課税されます。

大量に持っている場合は以下の通り
紙タバコ1000本毎に1,906香港ドル(約27,000円)

葉巻は1キロごとに2,455香港ドル(約35,000円)

中国製の準タバコは1キロごとに468香港ドル(約6,600円)

その他のすべての製造タバコは1キロごとに2,309香港ドル(約33,000円)


<香港の持ち込み禁止品>

数量に関わらず持ち込めないものは、以下の通り。

武器や危険な薬物、ワシントン条約で絶滅種に指定されている動植物、食肉など。

いわゆるコピー品の持ち込みも禁止です。

催涙スプレーやスタンガンなどの護身用具の持ち込みも禁止です。


<香港の持ち出し禁止品>

赤ちゃん用の粉ミルクは無免許の輸出は禁止です。

baby_kona_milk_can



ただし36か月未満の子供と一緒に香港から旅立つ場合は、密閉容器に入ってるもので、
移動時間の間に必要な合理的な消費量の範囲であれば認められます。


違反すると50万香港ドルの罰金および懲役2年を課せられる場合があります。


詳しくは香港税関の公式ウェブサイトで確認しましょう





<日本の持ち込み制限>

「お酒」「タバコ」「香水」は、日本に持ち込む数量に制限があります。

すべて成人1人当たりの数量です。


「お酒」

・1本760mlのもの3本まで



「タバコ」

・海外製の紙タバコ200本まで/日本製の紙タバコ200本まで/葉巻50本まで/総量250グラムまで

ただし、海外居住者のたばこの免税範囲は2倍です。


免税範囲を超えた場合は、紙タバコ1本につき11.5円課税されます。



「香水」

・2オンスまで(約56ml)

ただし、オーデコロンとオードトワレは含まれません。



「その他の物」

・海外での市価が合計20万円までは免税。超えた分のみ課税。

・同じ種類の物の合計が1万円以下のものはすべて免税

・1つで20万円を超えるものは、超えた分ではなく全額に課税

国内への持ち込み制限、税率は税関の公式ウェブサイトで確認できます。






<アメジスト香港会員様特典> 

HSBC香港e利是送り方



弊社を通じて海外投資商品をご契約頂くお客様には特典として

下記のサポートを無料でご提供致します。

 

 ★ 海外投資ご契約時サポート/各種変更お手続きサポート

 ☆ HSBC香港 口座開設サポート/各種変更お手続きサポート

 ★ HSBC香港 インターネットバンキング活用マニュアル無料進呈

 ☆ HSBC香港 外貨入金手数料が無料(窓口でのご入金)

 ★ HSBC香港 ダウングレード代行サービス無料

 ☆ 各種還元キャンペーン (キャッシュバックなど)

 ★ 弁護士/税理士のご紹介

 ☆ プロ野球観戦チケット プレゼント

 ★ 香港でのボートパーティや競馬イベントへご招待